郵便BOX塗装

箱と搭載バイクのシート 劣化状態 〒ステッカーマーク跡

郵便局の配達用バイクの後ろに付いてる箱です。名称は知りませんが。
素材はPP樹脂です。
現在の状態です。経年、紫外線劣化。結構酷く侵されてます。
何でこすっても剥がれてくるような状態です。
各面に画像の〒マークがありますが、これはステッカーでしょうか。
経年変化で際が段差になってます。
下地のフィラー(サフェーサー)で目立たない位に平らにします。

ウオッシュコンパウンド&スコッチブライト 全体水洗後 プライマー&フィラー

ロック(リベット止め)を外して洗浄です
スコッチブライトとウオッシュコンパウンドで汚れ取りと足付けです。
三ヶ所、水はじいて無い所も〒マークと同じステッカーの後で段差が付いてます。
PPプライマー塗装後ポリウレタンフィラー塗装、さっと空研ぎ後、
ポリウレタンフィラーを再度塗装してます。
これでステッカー痕と〒マーク痕が大体平らになってます。

箱の取付ステー サンドブラスト処理 フィラー塗装

これは取り付け用のステーですが、錆を取って同色で塗装します。
下地処理の始めサンドブラスト後のステーです。
そのままポリウレタンフィラー塗装。
ゆらゆら揺れるので小口径の小型ガンで低圧で、数回塗ってます。

カラーカードの選定 カラー決定

調色ですがレザーのシートに色を合わせるのは不可能にちかいですね。
印刷と塗装の違いで濡れても違うし、屋外でも、室内でも違います。
色味と明るさで近似色で決定します。右から二番目でしょうかね。

塗装完了 ポリウレタン塗装 ステーも塗装

下地研ぎ後、塗装しました。ステーは見えない所に付くのだと思います。
色が付いてて、錆びなければオーケーでしょうが、充分肉厚もあり錆にくいです。
ボックスのほうはステッカー痕も〒マークも目立たない仕上がりになってます。

ロックは新品です 下のリベットを使用

元々のロックはキーが無いので、オーナー様、新品のロックを調達されました。
ボックス同様ピカピカです。ただリベットがいままで使った事が無いような長さで
はじめて調達しました。下のリベットですが通常板金屋では使用しない長さかと。